人が食事をして、健康に生活するのに必要な栄養成分は炭水化物とタンパク質と脂肪分とその他の微量栄養成分です。その中でタンパク質は身体を構成する成分ですし、炭水化物は人の活動のエネルギーとなりますので、毎日の食事からとりのぞくことはできません。脂肪も人の活動に必要なエネルギーとはなりますが、炭水化物に比べて同じ1gを食べた場合、脂肪は炭水化物の2倍以上のエネルギーとなりますので摂りすぎないように注意すべきです。したがって生活習慣病で肥満となっていたり、美容上ダイエットを志す場合脂肪をカットできる薬品はダイエット補助薬として最高のものでしょう。脂肪は人の体の中に入って、リパーゼと言う酵素によって分解され腸から吸収されます。このリパーゼの活性を抑え、脂肪の吸収を30%ほど抑える薬がゼニカルです。その痩せる薬の力はアメリカ合衆国において治験の結果、1年間使用で60%の人が5%体重が減少が見られ、10%体重減少が27%でした。ゼニカルを飲み始めて2週間程度で効果がではじめるといわれています。ゼニカルは食事中または食後1時間以内に毎日3食ごとに1錠服用します。食前服用では効果は減ります。最大の効果は脂肪分の多い食事中に1錠服用する事です。ただ、脂肪分の消化をさせない薬ですので、消化されずにそのまま脂肪が便に出てきますので、下痢をしたりガスがでたり便に脂肪がまじったりしますので、十分注意が必要です。
さらに、脂肪とともに吸収されている脂溶性ビタミンなどの微量元素の吸収が阻害される可能性がありますので、マルチビタミンなどのサプリメントを一緒に飲むことを忘れないようにしましょう。
ゼニカルの効果効能については左のリンク先にある専門サイトもご参照ください)

ゼニカル服用時はおならに注意?

鼻をつまむ女性

ゼニカルは命に関わる副作用の心配はない安全な薬とされていますが、薬の性質で消化不良になるので下痢が起こることが多いです。下痢といっても固形物が出てくるのではなく未吸収の油が出てくるイメージです。この油がおならをした時に一緒に出てしまうという失敗も多く聞かれます。
ゼニカルの副作用として下痢や腹痛、放屁、などは指摘されていますが、これは副作用というよりも効果の一部と言えます。おならをした時に油が出てしまう問題に対しては、女性用の生理ナプキンをあてがってしのいでいるユーザーが多いようです。もしくは簡易紙おむつなどを使っている人もいます。今ではどこでもナプキンや紙おむつは買えますから、まずいと感じたら先に用意しておいたほうが良いでしょう。ただしこのおならの問題も、ゼニカルを使い続けているうちに油かおなら単独かというのがわかるようになってくると言われています。油の時とおならの時は肛門の感じ方が違うので、それで判断できるようになります。ゼニカルの効果が出てトイレに行く時には、排便をしている時におならが出ることもあります。それで便器を汚してしまったという失敗談も多いので、先にトイレットペーパーをまわりに敷いておいたり、水を流しながらやるなど自分なりに工夫してみましょう。ゼニカルユーザーにとってウォッシュレットトイレは必須と言われていますが、それがなければ水道でトイレットペーパーを濡らして汚れをふき取っても良いでしょう。ここまでして痩せたいかと言われると微妙なところですが、ゼニカルは脂っこい食事のカロリーをマイナスにしてくれるということで、男性からも女性からも人気があるダイエット薬です。

ゼニカルにジェネリックはあるの?

ネットで個人輸入をする女性

ゼニカルは食事制限をすることなく、生活習慣病の予防やダイエットが可能となる薬品です。ゼニカルを開発したのはスイスにある世界的にグローバルな製薬会社であり、この商品のジェネリックは現在フィリッピン中部のマロロス市にある創業1989年の製薬会社で製造販売されています。日本国内では有名ではありませんが、インドやインドネシアやアメリカやタイやベトナムやシンガポールに拠点があり、フィリッピンやインドではメジャーな会社です。日本ではまだ未認可で、ゼニカルを手に入れようと考えた場合、先発品を医療機関で処方してもらい事になりますが、既に使用をしていて、効果も副作用も分かっている場合、このフィリンピンの会社で製造したものを個人輸入代行会社を利用して購入する事でいつでも入手できたりするなどのメリットがあります。
ゼニカルのジェネリックにはオベリットのような医薬品がありますが、個人輸入を行った場合、ゼニカルのジェネリックは基本的にシンガポールを通じて日本に入ってきます。医療機関で手に入れる場合は、現在は自由診療なので、値段が高くなりますが、ジェネリックを使用すると約5分の1の値段で手に入れることができます。ゼニカルは故意に消化不良を起こしている薬ですので、便が漏れたりガスが発生したり、下痢が起きると言う副作用がありますし、脂肪の吸収を抑えますので、脂溶性ビタミンの吸収が減るという副作用が起きる場合があります。ゼニカル使用の場合はその点の注意が必要なのと、脂溶性ビタミン不足についてはゼニカル、並びにそのジェネリックを飲む場合は一緒に脂溶性ビタミン剤を飲むことが大切です。